Gitanの趣味 ?
もうひとりジタンです。

プロフィール

ジタン

Author:ジタン
特に変わったことはありません。その辺のおっさんです(笑)



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冒険少年――1



 母が消えた日の朝、父を中心に歪んだ風景が見えた気がした。
 午前七時十五分。ノックの音で目が覚めた。いつになく強くドアを叩く音だった。ドアに鍵はかけていない。ベッド降りる前に、ドアが勢いよく開き、姉の真帆が飛び込んできた。
「たいへん、母さんがいなくなった」
 切迫した顔で叫ぶように言った。まだパジャマ姿だった。美帆もおきたばかりなのだ。
 七月の半ば過ぎ、ようやく梅雨も開け、これから本格的に夏が始まろうという、まさにそのときだ。
 それが全てのはじまりだった。
 矢上家で一番最初に目を覚ますのは母親だった。次に父親が目を覚ます。それから長女の美帆。末っ子の俊哉は一番最後に目を覚ます。美帆がおこしにこなければ、まだ眠っていただろう。いつもぎりぎりに目を覚まし、朝食もろくにとらず、学校に出かけていく。
 しかし、おふくろがいなくなった――どういうことだ。目を覚ましたばかりで、状況が飲み込めなかった。頭の三分の二は、まだ眠りを引きずっている。
「わからねえよ、説明してくれ」
「お母さんが消えたのよ!」
 美帆はほとんど怒鳴っていた。
 それでも一応、説明をはじめた。
 美帆はいつものように午前七時に目を覚ましリビングに行った。父の直樹がひとりで新聞を読んでいた。微かな違和感を覚えた。何かが違う。しかし、なにがおかしいのかわからなかった。
「お母さんは?」
 その言葉が自然に出たとき、はっとした。
 母親の姿がなかった。
「お母さんはいない」
 直樹は新聞に目を向けたままで答えた。
 美帆は父の言葉の意味がわからなかった。
「いないって、どういうこと?」
「いなくなった」
 直樹は新聞を見つめたまま、美帆を見ようともしなかった。
 美帆は頭が真っ白になった。父親がなにを言っているのかまったくわからなかった。もう一度、父に話しかけようとしたが、やめた。これ以上なにを訊いても無駄だと思ったのだ。本当に母がいなくなったのか、自分の目で確かめるために、母の寝室に向った。両親はもう何年も前から、寝室を別にしていた。

追記
 とりあえず、小説を書いてみることにします。
 この前に小説の書き方という記事を書いていて、ふとそんな気になりました。
 お断りしておきますが、正真正銘、はじめての小説、処女作です。
 だから、多分下手だと思います。
 いえ、絶対に下手です(笑)。
 しかし、金を取るわけでもなく、まあいいんじゃないかと。
 よろしく。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gitan7.blog93.fc2.com/tb.php/3-ec1b65b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。