Gitanの趣味 ?
もうひとりジタンです。

プロフィール

ジタン

Author:ジタン
特に変わったことはありません。その辺のおっさんです(笑)



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金沢栄東を知っていますか

 金沢栄東という歌手を知っている人が何人いるだろう。

 岐阜県の生まれで全盲の歌手。ハーモニカの名手で、長いキャリアがある。

 ぼくがはじめて金沢栄東を見たのは、名古屋にあった『ユッカ』というライブハウスだった。カルチャーショックを受けました。びっくりした。さして大きくもない地下の店で、まさかこんな凄いミュージシャンの演奏を聞けるなどとは思ってもいなかった。世間の広さというものをつくづく感じた瞬間だった。

 その後、社会人になり、はじめて金沢栄東を見たライブハウスもなくなったが、それでも金沢栄東本人は歌い続けていることは知っていた。ただ見る機会は少なくなっていた。
 それからまた何年かたち、金沢栄東という名前は、ぼくの中で完全に過去のものになった。最近になって、なぜか思い立ち、インターネットで検索をかけてみた。

 嬉しかった。金沢栄東は名古屋に住んでまだ歌い続けているらしい。あの歌声とハーモニカをまた聴くことができるのである。

 金沢栄東はブルースを歌う。ハーモニカ――ブルースハープは涙ものです――の名手だった。ギターも味があった。声はやや高く、哀愁があった。

 消息について知ろうと思い立ち、インターネットで調べているときにわかったことだが、かつて音楽業界が金沢栄東をスティービー・ワンダーのイメージで売り出そうとしたことがあったという。ラテン(必ずしもそうではないが)のフォセ・フェリシアーノのイメージがある長谷川きよし(きよしさんごめんなさい、フォセときよしさんはまるで別だとわかっているんです)に対抗して、こちっはスティービーだと安直に考えたのかもしれない(考えたのはプロなんだけどね……)。

 金沢栄東は視覚障害者だ。杖を手放させて、高い靴を履かせ、サングラスをかけさせる――金沢栄東はそれを突っぱねた。自分の生き方とはちがう。そう思ったのだという。

 どんな生き方を選ぶか、それはもちろん個人の権利だ。売り出そうとする業界に背を向けたのも、もちろん金沢栄東の選択でぼくたちがとやかく言うことではない。それに業界の意向に従ったからといって、必ずしもスティービー・ワンダーになれたとは限らない。勝目梓という作家さんが最近出した自伝の中で、いくら売れるためとはいえ、心向き出ないものは書けないものだというようなことを書いていた。過去の出来事に「if」を持ち出すのはよくない事もわかっている。

 ……でも、その話し(金沢栄東=スティービー)を知ってからというもの、ぼくはどうしても《もし》を考えてしまう。実力は申し分ないのだ。もしかしたら、金沢栄東は日本のスティービー・ワンダーとして広く世間に認知され、そして、たった一人の金沢栄東になれたかもしれない。

 こんなことを考えるのは金沢栄東に対して失礼なことかもしれない。しかし、職業柄人に評価されるのは仕方がないと思ってください。ごめんなさい。

 話を続けます……

 ぼくは超弩級のマイナー人間のわりに、案外メジャー指向のところがある。ぼくが好きなものは、皆も好きになって欲しいと思う。この最大の被害者は同居人なのだが、それはともかく、やっぱりミュージシャンである以上、売れることを考えても別に罪ではないように思う。

 問題は売れるために妥協するかどうか……。

 ぼくはサラリーマンを長くやっている。すると妥協することにも慣れてしまう。自分の陣地を一ミリも譲らす生きていける人間はいない。誰だって何某かの妥協はしているはずだ。ほんの少しの妥協でより大きなものをつかめるのなら……

 やっぱりこの問題は難しい。結局、選んだものが最良のものだったのだと考えるしかないのかもしれない。

 とにかく、金沢栄東が歌い続けてくれていたことが、ぼくにとって喜ばしいことだ。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。